Microwave Workshop & Exhibition: Nov. 27-29, 2019, Pacifico Yokohama, JAPAN
Facebook MWE 2019 Official Page @MW_tenji マイクロウェーブ展展示委員会

出展社

Booth No. I-04

(株)フォトニック・エッジ
Photonic Edge Co., Ltd.


奈良県奈良市
TEL
: (070)5662-5638
FAX
Mail
contact@photonic-edge.com
Web
担当

共同出展

出展品目

  • 車載ミリ波レーダ / 5G・テラヘルツ無線のための電磁波可視化装置

Exhibits

  • EM Wave Visualizer for Autonomous Vehicle Radar / 5G and Terahertz Wireless Application

展示製品の特徴

■自動車用レーダー、5G、IoT、と様々なシーンでミリ波が活用され始めている。今後さらなる高周波電磁波の活用が期待されているが、高周波時代の実現には、その設計技術だけでなく、計測技術の発展も必要不可欠である。高周波数帯電磁波の活用のためには、従来の時間軸・周波数軸での計測のみならず、空間軸での計測(電磁波の空間分布の計測)が非常に重要となる。岐阜大学はJST先端計測のサポートのもと、高周波電界の空間分布可視化技術を開発してきた。この度この技術を社会実装するために岐阜大学発ベンチャーを起業した。

■当該製品は、EO素子(電界を受けると屈折率変化を起こす素子)を光ファイバ先端部に設置し、ファイバープローブを操作することにより電界を可視化することができる。これまで同様な技術は、マイクロ波帯で過去から研究されてきたが、特有の技術ハードルを越えることが出来ず実用化には至っていなかった。岐阜大学が開発した技術は、これまでの技術ハードル(課題)を解決し、且つ従来の計測手法よりも高精度であり高周波帯域の計測を可能とし、さらには簡便、低コストに計測実現する革新的・実用的技術である。

■2020年にテスト販売をし、早期実用化を目指す。

本ページの内容・写真等の無断転載を禁止します。All contents copyright @ MWE 2019 Steering Committee. All rights reserved.