Microwave Workshop & Exhibition: Nov. 27-29, 2019, Pacifico Yokohama, JAPAN
Facebook MWE 2019 Official Page @MW_tenji マイクロウェーブ展展示委員会

出展社

Booth No. I-17

E&Cエンジニアリング(株)
E & C Engineering K.K.


〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-16-1 KCビル
TEL
: (045)471-4791
FAX
: (045)471-4798
Mail
nakagaki@ece.co.jp
Web
http://www.ece.co.jp
担当
: 営業部

出展品目

  • 自動車レーダー評価向け Solution
  • 各種電波吸収体
  • 生体等価固体ファントム
  • 電波暗室 (パネル紹介)

Exhibits

  • Radar Solution for Automotive (ADAS)
  • Various kinds Absorber
  • Biological Tissue-Equivalent Solid Phantom
  • Anechoic Chamber (Panel Introduction)

展示製品の特徴

【車載レーダー向け Solution】
吸収体と共に測定評価系を含めての展示をします。研究開発から環境試験、量産検査まで対応しており、これからの79GHzにも対応済みです。

【各種電波吸収体  −国内自社生産で高品質を維持−】
電波暗室などに使用される汎用吸収体以外に、優れた耐候性の屋外用電波吸収体、セラミック製高耐電力用電波吸収体、アウトガスが少なく宇宙空間での使用が可能な真空用電波吸収体(人口衛星に実装実績有り)、ミリ波専用広帯域電波吸収体など、特殊な条件下での使用が可能なものにも対応致します。

【生体等価固体ファントム  −携帯電話など電子機器の人体への影響測定用模擬生体−】
誘電率の経時変化がほとんどない固体ファントムを扱っております。頭部や胸部の他、携帯電話などを実際に持つことができる全指関節可動式の手部も開発致しました。使用周波数帯域もご相談に応じます。

【電波暗室  −関連する材料設備も国内一貫生産−】
当社は、シールド材料、電波吸収体、電波暗室と関連する材料設備を一貫して国内生産している唯一のメーカーです。

本ページの内容・写真等の無断転載を禁止します。All contents copyright @ MWE 2019 Steering Committee. All rights reserved.