Microwave Workshop & Exhibition:  Nov. 25-27, 2017, Pacifico Yokohama,JAPAN
Facebook MWE 2017 Official Page @MW_tenji マイクロウェーブ展展示委員会
  • Home
  • マイクロウェーブ展
  • MWE 2017 アイデアソン

MWE 2017 アイデアソン

 

 
MWE 2017 アイデアソン フライヤー           応募申込サイトはこちら

アイデアソン 開催概要

開催目的

昨年度に引き続き、今年もアイデアソンを以下の3つを主目的として、開催いたします。

  • マイクロ波業界の将来を担う若手エンジニアや新技術の発掘を行い、参加学生にマイクロ波技術について勉強してもらい、
    面白さを再認識していただく機会の提供。

     
  • 本企画で提案されるシステム応用やビジネスモデルなどのアイデアを通じて、出展各社が有するマイクロ波技術の重要性を
    改めて実感していただく機会の提供。

     
  • いつでも議論可能な環境を提供することで、異研究室間のコミュニケーションを通じて、参加学生間の交流を促進し、新たな
    ネットワーク作りをする機会の提供。

[ 詳細な募集要項 ]は、リンク先をご覧ください。

アイデアソンとは?

アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語です。
アイデアソンは、ある特定のテーマについて自由に話し合い、アイデアを出し合うプログラムになります。
本イベントでは、様々な大学・高専等に属する学生で構成されたグループで行うことにより幅広いアイデアを生み出す可能性を高め、
新たなマイクロ波応用を創出することが目的となります。

テーマ

マイクロ波技術をベースとした新時代を切り開くアプリケーション
※ 展示会場各出展社ブースに展示されているマイクロ波関連製品や技術を見て回り、それらの技術を複数使ってできる
新時代の幕開けをいざなうシステム/アプリケーション/ビジネスモデルのアイデアを最終的に1つ創出し、最終日に発表して頂きます。

開催期間

2017年11月29日〜12月 1日    2泊3日
 

昨年度の開催風景

※MWE 2016 アイデアソンの発表アイデアや開催風景の詳細は、こちらからご覧いただけます。

出展企業を回っての情報収集活動 チームメンバーとのアイデア創出

昨年度参加者の声

  • 興味の有無に関係無く、大学展示や企業展示を見て回るきっかけとなり、技術や製品を知ることができました。
     
  • レセプション会場での発表など普段経験できない雰囲気を味わい、楽しませていただきました。
     
  • 社会人になっても得られそうにない "会ったばかりの相手と泊まり込みでアイデアを出し合い、形にまとめて発表する"
    という貴重な経験が出来た点が良かったです。
     

参加応募について

参加条件

  • 日本国内在住の電子情報通信学会または協賛学会の学生員であること。
     
  • 参加当日までに学生員となっていること。
    (申込時に仮会員番号を記載いただき、参加当日までに会員番号をご連絡いただきます)
     
  • 全スケジュール参加可能であること。
     
  • 主催者が提供するホテルに 2泊宿泊可能であること。なお、1室3名までの相部屋(男女別)となります。
【注意事項】
  本イベントは、MWE 2017 で企画される大学展示とは、全く別イベントとなります。
  このため、参加主体は、学生個人となることにご注意ください。

応募方法

募集期間は終了しました。ご応募ありがとうございました。
9月末までの主催者からの連絡をもって、本イベントへの参加を確定とさせていただきます。

募集人数

最大 15名

参加申込時の記載内容に基づき、書類審査を行います。
各参加者は、1 チーム 3名のチームに主催者により事前に編成されます。
なお、最低開催人数は 9 名とし、それに満たない場合は、本実施要領と異なる方法でアイデアソンを実施することがあります。

参加費用等

参加費用は無料です。
なお、本イベントに参加するための交通費は、APMC 国内委員会の旅費規定に基づき、参加者からの申請に応じて支給します。
 

イベントスケジュール

1日目

本アイデアソンに関する説明およびアイスブレイク・アイデア創出方法 演習を行う。
展示会場内各出展社ブースでの展示物や技術を見て回ることで、情報収集を行う。
宿泊施設における参加チームのディスカッションを通じて、アイデアをブラッシュアップする。

2日目

展示会場内各出展社ブースでの展示物や技術を見て回ることで、情報収集を行う。
アイデアの中間発表を行う。(日本語、PPT 1枚程度 1チーム 3分程度)
宿泊施設における参加チームのディスカッションを通じて、アイデアをブラッシュアップする。

3日目

展示会場内各出展社ブースでの展示物や技術を見て回ることで、情報収集を行う。
最終アイデアのプレゼンテーション(日本語)を行い、表彰式等を実施する。
※アイデア創出時間・プレゼンテーション準備は、各チームの時間配分にお任せいたします。
 

 

追 記

評 価

評価委員を若干名選定し、評価を行います。

権利化等

本イベントでは、成果物に関する著作権は参加者に帰属し、その他権利化等に関する知的財産権は、人類の共有財産(パブリックドメイン)
とするため、放棄していただくことにご留意ください。なお、本イベント参加確定後に参加同意書をご提出いただきます。
 
詳細は、本イベントの[ 参加同意書 ]を御覧ください。参加同意書は、本イベント参加確定後にご提出いただきます。

問い合わせ先

MWE 2017 アイデアソンWG担当
E-mail: mwe_ideathon@apmc-mwe.org     TEL: 03-5734-2551 (担当: 東工大・平野)
 

本ページの内容・写真等の無断転載を禁止します。All contents copyright @ MWE 2017 Steering Committee. All rights reserved.